読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の体調の変化

現在妊娠7ヶ月。

妊娠前には知らなかった体調の変化がたくさん起きているので、忘れてしまう前に書き留めておきたい。

この先、妊娠中のことをすっかり忘れてしまっても、妊婦の人のことが少しでも分かるように。

 

《妊娠2ヶ月》

・37度前後の微熱とだるさ

→対策:なし。

高温期の継続によるものなので仕方ない。5ヶ月くらいには落ち着く。

 

《妊娠3〜4ヶ月》

・嗅覚が敏感になる

→対策:マスク。

排気ガス、電車・バスの中の臭い、タバコ、それとなぜかコンビニの店内の臭いに非常に反応し、吐き気を催した。

マスクの臭いでも吐き気がするので、買ってきたマスクは干して臭いを飛ばし、日に2〜3回新しいものと交換した。マスクの内側をエタノールで拭いたりも。

いわゆるつわり。仕方ないのでひたすら我慢。

幸い食品には反応せず、普段は感じないスパイスの香りを嗅ぎ分けられて楽しい。

 

・空腹時の吐き気

→対策:間食。

夕方にお腹が空くと気持ち悪くなるので、毎日残業時間帯におにぎり1個程の間食をとった。

その他仕事中でも食べられるキシリクリスタル(ノンシュガーで歯に優しい)、小袋入りのこんにゃくゼリーを重宝。

 

・満腹時の動悸

→対策:お腹いっぱい食べない。

満腹になると食後に動悸と吐き気がくるので、食べる量を減らした。

 

・偏頭痛

→対策:睡眠リズムを崩さない。きたら寝る。どうしても辛いときはカロナール

約5年ぶりに閃輝暗点付きの偏頭痛がきた。おそらくホルモンバランスの影響?

カロナールがなかったのでひたすら寝てやり過ごす。また、寝不足、寝すぎを避けるよう気をつけた。

 

・夜の頻尿

→対策:なし。

夜中にトイレに起きる。そういうもんかと割り切って水は普通に飲んでいた。

 

・動悸、息切れ

→対策:なし。

満腹時以外も動悸と息切れで階段の上りがきつく、通勤時は端っこをゆっくり歩くようにした。

 

・服が入らない

→対策:ゴムウエストのスカート、マタニティパンツを購入。

お腹が出る前から腰回りが広がり、それまでの服がきつくなった。ホルモンの影響で骨盤が開くらしい。こうしてかーちゃんのお尻になっていくのだ。

 

・胃痛

→対策:油物を避ける。

辛くないインドカレー、串揚げ、天ぷらを食べた晩は胃痛で眠れなかった。

妊娠中は消化機能が落ちるらしく、質の良い油であっても後がつらい。でもおいしい。我慢。

 

《妊娠5〜6ヶ月》

・歯茎の出血

→対策:丁寧に歯磨き。コンクールシリーズ導入。

歯磨きには気をつけていたものの、親知らずフロッシング時の出血が続き、歯科検診のプロービングでも3箇所から普段はない出血が見られた。

親知らず周辺は今までよりも時間をかけてタフトブラシで磨き、朝晩の歯磨き粉はナチュラル低刺激なオーラルピースから、細菌への効果がより強いコンクールジェルコートに変更した。

他、うがい薬のコンクールFと、歯茎の下がり防止に昼の歯磨きにはリペリオも導入して、今ではすっかりコンクール信者。

 

・脳貧血

→対策:立ちっぱなしを避ける。電車で携帯を見ない。

貧血はないが、電車の中や料理中、買い物中に動悸・立ちくらみ・目の前が暗くなる症状が出やすい。

できるだけ座ったり横になったりすると落ち着く。

電車・バスの中で携帯や本を見るとなりやすい。休みの日に1日ごろごろしてからスーパーに行ってもなりやすい。

 

・腰痛

→対策:冷やさない。背の高い椅子を避ける。

妊娠してから、ときどき腰痛を感じる。

腰回りが冷えると強くなるので、タイツ+毛糸のパンツ、腹巻でガード。

足がつかない背もたれのない椅子に長時間座った日は、人生初の座骨神経痛を経験。(腰から腿の裏、ふくらはぎ、足首にかけて、座っても立っても寝ても痛む。

 

・動悸、息切れ

→対策:ゆっくり歩く。

動悸息切れ再燃。この時期のものはより一般的だとおもう。

児が大きくなって母体の体重も増え、血液量が増して心臓の負担が増えるらしい。

仕方ないのでのんびりあるく。

 

《妊娠7ヶ月》

・アレルギー

→対策:こまめに水でうがい。マスク。鼻呼吸。

喉の痛みで夜中目が覚め、朝起きると声が平泉成になっている日が続いた。喉は腫れて咳も激しいが、熱はない。

耳鼻科にかかると、アレルギー性の鼻づまりが原因で睡眠中口呼吸になり、喉が乾燥しているらしい。

こまめに冷たい水でうがいして、水を飲んだりマスクをしたりして喉を潤すことで改善するそうなので、実践中。

逆に喉が温まると悪化するらしい。

先生いわく、妊娠中は水分の代謝が悪くむくみやすいので、こういう症状が出やすいらしい。授乳中も同じ感じになると思うよ、とのこと。

なお、先にかかりつけの産科にかかったところ問診だけで欲しい漢方を聞かれただけであまり意味がなかった。(とりあえず桔梗湯と小青竜湯をいただいた。)

 

とりあえず以上。随時更新していけたら。

日によって変動するけど、それなりにいろいろある日々。

ひとつの体に2人で同居して、体が変化していくのは不思議で、大変だけど楽しい。日々、子が大きくなっていくのを体で感じられるのも嬉しい。

元気に生まれてきますように。